カテゴリー
プロフィール背景画像
ウォーキー
クリエイター
時間や場所にとらわれず、いろんな「モノ」や「コト」をクリエイトしています。

『MAGPUL Bump Case(マグプル バンプケース)』レビュー-iPhone SEにも使えるミリタリー系スマホケース

Magpul(以下マグプル)、ご存知ですか?

ミリタリーファンなら誰でも知っているといっても過言ではない有名銃器パーツメーカーです。

僕はこのマグプルのiPhoneケースを現在iPhone SEに使用しているのですが、これが最高のiPhoneケースなんです。

MAGPUL(マグプル) Bump Case
MAGPUL Bump Case for iPhone8 / iPhone7

この記事では僕が自信をもっておすすめできる『MAGPUL Bump Case(マグプル バンプケース) 』についてレビューしたいと思います。

目次

『MAGPUL Bump Case』を選んだ理由

僕は携帯電話をポケットに入れることが多いので、取り出すときによくiPhoneを地面に落とします。

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

便器に落としたことも…

ポケットに入れなければいいだけの話なのですが、いちいち鞄から取り出すのも面倒くさい。

そうなると、滑りにくくてとにかく頑丈なiPhoneケースを使しかありません。

iPhoneケースに求める条件
  • iPhoneを守ってくれる頑丈さ
  • 滑りにくい素材
  • かっこいいデザイン

上記条件でiPhoneケースを探していたら、あのマグプルがiPhoneケースを作っているという情報を入手。

早速サイトをチェックしたところ、めちゃくちかっこいい!!

ということでAmazonで即ポチりました。

Magpul(マグプル)とは?

ポリマーを用いた実銃やエアガンのアクセサリーパーツを製造するアメリカの銃器パーツメーカー。日本でもミリタリーファンなら誰でも知っているほどの有名メーカーです。

そして、実際に武器などに使用されている軍用グレードのポリマーで作られているのがこの『MAGPUL Bump Case』なのです。

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

絶対に頑丈なはず!

『MAGPUL Bump Case』の特徴

MAGPUL(マグプル) Bump Caseのパッケージ

購入したのは『MAGPUL Bump Case for iPhone8 / iPhone7』のフラットダークアースカラーです。

MAGPUL(マグプル) Bump Caseのパッケージ裏
Innovate or Die

パッケージの裏にはなんだかカッコいい言葉が書いてました。

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

こういうことをサラッと言える大人になりたいですな。

二重構造ポリマーがiPhoneを守る

手に持ったMAGPUL(マグプル) Bump Case

MAGPUL Bump Case』は外側が硬質な「ポリマーシェル」のため、かなり頑丈な印象です。

MAGPUL(マグプル) Bump Caseの内側

逆に内側のグレーの部分は柔らかい「半硬質ライナー」になっていて、この部分が衝撃を吸収します。

この二重構造が落下のダメージからiPhoneを守ってくれるわけですね。

精巧な作りで完璧にフィット

MAGPUL(マグプル) Bump Caseを装着したiPhone
iPhone7に装着。

装着時に若干音量ボタンが干渉しましたが、セミハードなので難なく装着できました。

ケースに厚みがあるため、未装着時に比べると一回り大きく感じます。

MAGPUL(マグプル) Bump Caseの下部側面

MAGPUL Bump Case』を装着するとケースの縁が画面より高くなり、画面を擦り傷から守ってくれます。

厚めのフィルムを貼るとケースと画面がツライチか、画面の方が少し出るので要注意。

MAGPUL(マグプル) Bump Caseのレンズ周辺

ディテールの作りはかなり精巧。

MAGPUL(マグプル) Bump Caseの音量ボタン

音量ボタン部分も優秀で、しっかりとクリック感を感じます。

PMAGをモチーフにしたデザイン

MAGPUL(マグプル) Bump Caseのデザイン

マグプルの代名詞といえば銃器用マガジン「PMAG」。

そのトレードマークでもあるリブ(格子模様)がデザインに取り入れられているので、ミリタリーファンにはたまらないデザインになっています。

『MAGPUL Bump Case』を半年間使った感想

グリップ力は普通

ケース表面にデザインされたリブ(格子模様)の凹凸で若干グリップしやすくはなっていますが、ポリマー素材が滑りやすくお世辞にもグリップ力があるとはいえません。

普通です。

むしろ個人的にはケースなしの方がサイズ的に手にしっかりとフィットする感じがあり握りやすかったです。

落としても抜群の安心感

MAGPUL Bump Case』を使い始めてから相変わらず何度も地面に落下させてしまいました。かなりの高さから地面(コンクリート)に落下させてしまったときはさすがにアウトかと思いました。

しかし、完全に無傷で故障もなし。

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

このiPhoneケース、すごいですよ。

よくiPhoneを地面に落としてしまう人は全員買ったほうがいいといっても過言ではないレベルでおすすめです。

何が凄いって、iPhoneだけではなくケース自体も無傷という点。

さすがマグプルですね。

劣化は感じない

実はこの『MAGPUL Bump Case』は既存の「MAGPUL Field Case」というケースの改良版となっています。

MAGPUL Field Case」の方は長期間使用していると、少しずつ本体とケースに隙間ができてくるというレビューをチラホラ見かけます。

MAGPUL Bump Case』は半年間使用した時点では隙間は全くできていません。

iPhone SE2でも使える

僕はこの『MAGPUL Bump Case』を使いたいがためにしばらくは「iPhone7」を使い続けると心に誓っていました。

そんなときにとんでもないニュースが飛び込んできました。

iPhone SE2発売。

iPhone7とiPhone SE2

なんとこの「iPhone SE2」、「iPhone7」と全く同じサイズで「iPhone 11 Pro」と同じ高性能プロセッサ「A13 Bionic」を搭載しているというじゃありませんか!

ウォーキーのアイコン画像ウォーキー

買うしかない!!

ということで、Appleストアで早速ポチって『MAGPUL Bump Case』を装着してみると…。

『MAGPUL Bump Case』を装着したiPhone SE2
iPhone SE2でも使える!!

問題なく使えます。

まとめ

これまでたくさんのiPhoneケースを使ってきましたが、『MAGPUL Bump Case』は一番気に入っています。

格安のiPhoneケースに比べると高いのは間違いありませんが、それで安心が買えると思えば全然痛くはありません。

iPhoneをよく地面に落とす人、ミリタリー好きな人にはとてもおすすめなiPhoneケースです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる