カテゴリー
ウォーキー
クリエイター
時間や場所にとらわれず、いろんな「モノ」や「コト」をクリエイトしています。

ラバーバンド(ラババン)キーホルダーの特徴と使い方

ライブキッズに大人気のバンドグッズ・ラバーバンド(ラババン)。バンドはもちろん夏フェスなども公式グッズとして販売していてコレクションアイテムとしても人気です。

ラバーバンドはリストバンドなので手首に着用するのが一般的ですが、アレンジしてリストバンド以外に使用する方法にも注目が集まっています。

今回はそんなアレンジ方法の中から、ラバーバンドをキーホルダーに早変わりさせることができる「ラバーバンドキーホルダー」をご紹介します。

目次

ラババンがキーホルダーに早変わり!

ラバーバンドキーホルダーL(黒)

ラバーバンドキーホルダー」はタワーレコードで販売しているラバーバンドをキーホルダーに変身させることができるオリジナルパーツです。

Sサイズ(12mm用)/Mサイズ(20mm用)/Lサイズ(25mm用)の3種類が販売されていて、各サイズシルバーとブラックの2色展開となっています。

ラババンキーホルダーの使い方

12mmと24mmのラバーバンド

ラバーバンドキーホルダー」を装着するため、Sサイズ(12mm)とLサイズ(24mm)のラバーバンドを用意しました。

ワイドタイプのラバーバンドは25mm幅24mm幅が一般的ですが、どちらのサイズでも使用可能です。

パッケージの裏面に詳しい使い方が書いているので参考にしながら装着していきます。

パーツにラバーバンドを差し込む

まず始めにパーツをひっくり返した状態で折りたたんだラバーバンドを差し込みます。

ラババンをパーツ中央まで引っ張る

パーツとラバーバンドが中央揃えになるくらいまで差し込むと次の工程がやりやすくなります。

突起にラバーバンドを引っ掛ける

ラバーバンドを親指で押し上げて片側ずつパーツの突起に引っ掛けます。

片側を突起に引っ掛けた状態

片側を引っ掛けた状態です。

逆側も突起に引っ掛ける

同じように逆側も突起に引っ掛けます。

突起に両側を引っ掛けた状態

両側の突起を引っ掛けるとこのような状態になるので、左右のどちらかのラバーバンドを引っ張って片側に寄せます。

片側を抑えて送り込む

片側を抑えながら逆の手でラバーバンドを送り込むようにパーツ内に差し込みます。するとパーツの下部からラバーバンドがニョキッと出てきます。

最後まで送り込む

そのままラバーバンドを最後まで送り込みます。

完成したラバーバンドキーホルダー

最後にデザインの位置を微調整して完成です。同じようにSサイズ(12mm)の方も装着してみました。ブラックとシルバーでかなり印象が変わります。

2トーンマーブルの装着例

2トーンマーブルのラババンのラババンを装着してみました。ノーマルに比べてマーブルの方がカラフルな印象になります。ちなみに変形ラバーバンドも装着可能です。

変形ラバーバンド(ダイカット)にも使える!

パーツの下からラバーバンドを差し込む

変形ラバーバンドを装着する場合は、写真のようにパーツの下側からラバーバンドを差し込みましょう。

変形ラバーバンドを使用したキーホルダー

少し装着が大変ですが、また違ったアレンジのラババンキーホルダーに早変わりです。

まとめ

ラババンをキーホルダーにアレンジすることで、コレクションとして眠っているラバーバンドをファッションアイテムとして有効活用できます。簡単にラババンを交換できるので、その日の対バンや気分に合わせて日替わりで楽しむのもおすすめです。

タワレコ ラバーバンド キーホルダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる